濁った海でも楽しめるダイビング方法

この時期になると天気予報と睨めっこ…。



ライセンス取得コースにファンダイブ、体験ダイビングにステップアップコースと


夏前から年末にかけてフル稼働なサンクチュアリですが、皆さまがせっかくの休日の


ダイビングDAYが悪海況で中止になることが一番心が痛む瞬間でもあります。



この日も台風14号の影響が残るなかなか回復しない辰ノ口。




そんな時のファンダイブの楽しみ方‼️



それはマクロダイビング✨




水中の風景が濁りで楽しめない…



いやいや楽しめますからね!



こちら!肉眼で1.5センチのイガグリウミウシ✨


和菓子みたいで超超超〜かわゆい😍😍😍



周りのお魚の群れが濁って見えない時は



目の前の岩やサンゴに顔を突っ込んでじっくり観察してみるんです!



すると…



こんなのがいるんだ〜!


とか


なんじゃこりゃ?


とか。





とにかく出会いがハンパないのです。


ちなみにコイツ…8㍉くらいのやつ‼️



ホワイトバージョンのゴマフビロードウミウシ?


ブチウミウシ?



わからなかったら図鑑でとことんチェック‼️



それでもわからなければ…今の時代、とっても便利なネットで検索w






ダイビングで感動して、陸で振り返る!



感動が蘇る。



最高じゃん✨


今日‼️そんな最高な思いをしたダイバー達。




潜る、初めて出会う、陸に上がる、出会ったやつを調べる…



…正体判明‼️(しない場合もあるw)




心のシャッターも素敵✨



オススメは画像に残すこと



もっとオススメは動画に残すこと




ダイビングは濁ってる時こそ




ちょっと視点を変える事でめっちゃ楽しむことが出来ますよ!